みちのく占いかわらばん

四柱推命鑑定士 悠岑(ゆうしん)

占いホヘト

人が創った神様

 

2019.02.05

「神様」って、どこにいるのでしょうか?
そんな純粋な部分、あたい悠岑には、
まだまだあります。
一度、会ってみたいです。  
 


 
あたいの住んでいる所には、
大きな神社さんと、
小さな神社さん2つある。
また大きなお寺も1つある。
 
多い日は、3回イヌさまとの
散歩が待っている。
 
嫌でも散歩コースには、
神社さんや、お寺さんがあり、
その周辺を回って歩く訳ですが、
 
毎日、最低1回はイヌさまの
散歩が日課のあたい。
そんな時、鑑定でお客様から
聞かれる言葉を思い出します。
 
神様・仏様」に関する言葉です。
 
なんとかの頼みともあるように、
人は、どうも神様・仏様好きに思ってしまう。
 
他の動物と違い・・・
人間は、深く悩む事もできる生き物。
「もっと単純に生きられたら楽なのに」
 
そこで登場するのが、
神社さんやお寺さんや、
はたまたどっかの新興宗教みたいな、
そんでもって自称「何かが見える」と、
言い張るおめでたいお人。
 
他のページにも書いているが
「人は亡くなれば、無になる」と書いている。
 
なのになぜ?
人間は、神社やお墓の前で、
手を合わせ祈るのか?
坊さんの説法を、有り難がるのか?
なぜ、お布施をするのか?
 
「すべては、人間の勝手なのかもしれない」
存在するか?しないか?
得体のしれないモノやコトを、
何かの形にする事で・・・
(例えばお墓や、神様のお像や、お札など)
 
祈る事で、生きている人間が勝手に、
「安心・満足」しているのだ。
これがあたいの見解である。
 
存在させたほうが、
都合が良い人だっている。
(坊さんや、神社さん、宗教関係の
収入源につながる)
マイナスな事があった場合、
「人間の試練」などと言い逃れできる。
 
仮に、神様とか仏様が、
本当にいるとすれば・・・
必死に信仰していれば・・・
大災害などで、自分だけは必ず助かるハズだ。
(例えば平成23年の東北大震災の津波でも!)
こんな単純な事なのになぜ?
人間は神様・仏様事になると、
信用してしまうのか?
 
「生きていくという事、やはり大変なのだと思う」
 
「何もない人はいない訳でして」
 
何かあるのが人生。
 
自分が生きていく途中で、
どうしようもない不安や悩みが押し寄せてきて、
そんな時、人は何かにすがりたくなる。
 
また、日々の安心材料として、
心のより所にしたいのだと。
自分のご先祖様に頼りたいのだって同じ。
 
そんな事を考えると、祈ったり・頼っても、
どっちでも良いと思う。
ただ「振り回される」のは、
精神衛生上、良くない。
 
それにつけ込むお人、
あたいは、お近づきになりたくない。
近づかないでほしい。
 
全世界の「神様」というモノ、
種類が統一していなくて。
 
仏教・キリストなど・・・
仏教でも宗派が違うと、
考えがちょっと違うみたいな?!
理解ができないのである。
 
本当に「神」とか存在するのであれば、
一致していないとおかしい。
 
結局のところ、
人間が勝手に作り上げているモノ。
 
お客様を鑑定していると、
振り回されている方が多いのも現状。
そんな事を払拭したくて、書いた項目です。
 
何事も過ぎるとしんどくなります。
安心する程度に・・・
「神様・仏様」関連事は、
考え・付き合っていけたら楽ですよね。

悠岑へのご予約・問い合わせは
こちらからどうぞ↓
 
お問い合わせ

みちのく占いかわらばんTOPへ戻る
みちのく占いかわらばんTOPへ戻る
このページの先頭に戻る

このページの先頭に戻る