ゆうしん占い.comタイトルロゴ

運命鑑定士 悠岑

 
今現在、四柱推命占い師として
自分の事を冷静に見ている
そうすると・・・・今まで全く気にしてなかった
わからないでいた「自分」という言葉がわかりかけてきた感じ
 
「何故?占い師に?」「世の人の為に占い師になったのか?」
「世話をするのが好きなのか?」
「会話をするのが好きなのか?」など等・・・・
色々なシーンで聞かれてきた内容
正直・・・・「答えが見つからない」というのが答えだった
 
 今ハッキリ言える事・・・・
「四柱推命」が純粋に好きという事
 


 
 巷であふれている「占い・鑑定」と
私が日頃から口にしている「占い・鑑定」とは意味が大きく違う
私の場合「占い・鑑定」=「運命鑑定」としか考えられない
 
実際の占い・鑑定の場で
お遊びの「運命鑑定」は存在しない
 
 
少し解りにくくなってしまったが
要するにどこかのおばちゃんおじちゃんみたいな
世間一般のお説教は一切必要ない!
 
「そのうち2・3年後頃に~近いうちには~~」とか
「祈れば・・・・」や「アナタのご先祖様が~」
なんてかなりおバカな話は考えても思いつかない
 
どこぞこの本に書いているようなマニュアル的な話など
現実に考えても無理がある
 
ま~詳しい内容は他のページででも書いていきたい
 

 
現実に起きている事象を「四柱推命」という占術、統計学で追求し
「ニヤリ」と微笑む私。
 
人との関係についても社会生活をスムーズに送る為に人間関係がある
としか思っていない部分が大半である
 
そう考える方が自分にはラクだったりする
 
人間関係が少なければ少なくても、気にならない
 
こちらも、少ない方がラクだと思う
 
無理に自分を作る必要は精神衛生上・・・・私にもっとも良くない
 
しかし、占い師として生きていく為には
人との付き合いは無視できない
なにゆえ・・・・私の生業になっている
 

 
目の前の本当に困っている方が
本当に私の鑑定を必要として
依頼してくださる
 
その方に私の職業としている「四柱推命占い師」として
持っている技術で鑑定し
具体的な方向、時期(大運、年運、月運など)で
一番最適な答えを提示していく
 
そこで必ず、金銭のやりとりが発生するワケだから・・・・
占い師業になるのである
この部分をキチリと割り切っている
 
私が、中途半端な人間関係や
無理やりの人間関係を築いていたとすれば・・・・
その場の情などに流されて
まともな鑑定ができないどころか
プロの占い師として生き残れないとドライに考えている
 
プライベートでの人間関係は・・・・片手で数えても余る
あまり人間関係など自分は重要と思っていない
イヤ!重要に考えているからこそ少ないのかもしれない
 
 
 

ゆうしん占い.comへ戻る


BLOG

悠岑ブログ
不定期にて更新中!

 
四柱推命かわらばん
占い師悠岑と過去
四柱推命と今
占いの意味
親との別れ
四柱推命と占い体験談
関西へ飛ぶ
当たる占い?当てる占い?
相性について
鑑定項目
養母の忘れもの
あたい勉強するの巻1
あたい勉強するの巻2
イヌさま・ネコさま

占いホヘト
愛するという事
 守りたいモノ
大きな箱と小さな箱
現実を受け入れる
金運について思う
生きやすい環境に身をおく
命式について
鑑定の効果・効能
世間体を気にしない
落ち込む才能
運勢・運命・宿命とは?
結婚運について
性格について
適職・転職について
恋愛運を生かす

鑑定すたいる
対面鑑定
電話鑑定
メール鑑定
イベント鑑定

鑑定場所
ロシアンブルーde鑑定

鑑定料金

悠岑の幸せ四柱推命

悠岑プロフィール

お問い合わせ

連載執筆中!
フリーペーパー
「サンデータイムス」