みちのく占いかわらばん

四柱推命鑑定士 悠岑(ゆうしん)

四柱推命かわらばん

鑑定項目について

 
ここでは実際運命鑑定を受ける時
(占ってもらう時)に何気に考えてしまう
相談内容(鑑定項目)のお話
 
占いジプシー??なお方は別として
鑑定する・占ってもらう事自体
初めてのお客様は「何を言われるのか?」
 
「嫌なことばかり言われたら・・・・」
「どんな感じなのか・・・・怖い」などなど
誰でも思うこと
 
確かにお客様を怖がらせて
ナンボって占い師も残念なことに存在する
(あたいにとってひじょう~に
好ましくない !いっその事消えてくれっ!)
四柱推命の鑑定士の中でも
いるいる~たくさんいる~って~な訳です
 
 一言いやいや二言・・・・
何度でも言わせてもらえば・・・・
その鑑定は運命鑑定でもなんでもないので
気にする必要はない
忘れた方が自分の為に良い
 
運命鑑定は「個人の開運指導にある」だから
特別心配することもない
 

区切り線

 
それよりも先に考えてしまうのが
自分の悩み事が鑑定してもらう上で
どの鑑定項目に入るか?
何をどう相談すればよいのか?
 
具体的にどう伝えればよいのか?
だと思う
 
占い業界で一般的に
「金運」「仕事運」「恋愛運」「結婚運」
「相性」「子供運」「健康運」など
色んな項目に分類されている
 
項目に当てはまる相談内容であれば
考えはしないが
当てはまらない悩みもある
 
悩み事が複雑に重なっていたり
複数の人間関係が
絡んでいたりすれば当然だ
 
ただでさえ悩んでいるのに
またそこで考えてしまい
そこから一歩が踏み出せなくなる場合も
あると思う
 
鑑定を受ける前の落ち込み度合いは
人によって違うように見えても・思えても
「悩んでいる本人とって
どんな悩みの内容でも辛いのである」
 
 悩み事・相談事になっている時点で
自分の中では解決できなくなっている状態
 
逆に「明るい悩み」は
この世に存在するのか?
とふと思う
(あっても同時にマイナスの思考も
考えも出ててきてしまうのでは
ないだろうか?)
 
真剣に悩めば悩むほど周りの人に
「悩んでる~」って言葉
など出せなくなるんじゃないのか?と
また思う
 
区切り線

 
そんな時ほど忘れないでほしい事
 上手に占いを活用する為に
 
またせっかくの自分のお金と時間をかけて
鑑定する為に 遠慮は無用だ
 
区切り線

 
実際会って鑑定をしてもらう場合
初めから最後まで自分の言葉で
ゆっくり話して良い
話しづらい方は相談内容をメモしていく
(鑑定が初めてや初対面の時
内容が内容なだけにって場合等
普通の心境ではない・緊張するハズ)
 
メール鑑定の場合も
自分の悩んでいる事を遠慮せず
すべて書いた方が良い
 
電話鑑定の場合も
書いたメモを見ながら
話しても良いだろう
また前もってメールで伝えておいても
スムーズだ
 
通常アナタ自身の現状の運気を把握しているので
アナタがいくら動揺していても・落ち込んでいても
キチンと解決の糸口(時期や方向性など)を説明してくれる
 
悩んでいる時に
「遠慮し過ぎて話せない」のは実にもったいない
 
区切り線

 
この占い業マイナーな業種だけに
「教科書どおり」のお説教??などは一切ない
 
だからアナタ自身の悩み事も項目に当てはまらなくて良い
 
マイナー過ぎるくらい
マイナーな悩みであって
おおいに結構だと言い切れる
 
 
これでいいのだ・・・・
それでいいのだ
 

悠岑への問い合わせは
こちらからどうぞ↓
お問い合わせ