みちのく占いかわらばん

四柱推命鑑定士 悠岑(ゆうしん)

占いホヘト

現実を受け入れる

 2019.02.13更新

何事もですが
「現実」を受け入れるのは
ちょっとしたコツと
時間が必要かな?
とも考え書いたページです


題名に書いてはたして
自分には出来ているだろうか?
これも鑑定の中で
お伝えしている事なのだが
 
今の・・・・
今までの・・・・
嫌な・辛い・悔しい・・・・
育ち・環境・・・・
置かれている場所・・・・
家庭・家族・仕事
人間関係・相手・・・・
などなど他にも数えきれないけれど
 
まずは自分の現実を確認・
認識する作業が必要かと思う
 
問題解決に向けての
はじめの一歩は
「そこから」なんだと
目を向けたくない
考えたくもない事が
あるのは百も承知だけど
だからこそ・・・・
鑑定の時は話してほしいと切に
思います。


あたい悠岑の四柱推命鑑定では
鑑定に来られたお客さまの
今現在「ご自身が置かれている運気」
を初めにお伝えしています。
また、これから訪れる運気も
具体的&対応策もお伝えしています。
 
あたいの鑑定が「初めて」のお客さまと
「2回目以降、5回目以降」のお客さまと
「10年以上ずっと来続けて」のお客さま
とでは何かが違ってくるのです。
 
「鑑定に対しての意識が違ってくる、
自分の運気をもっと上手く活用したい
という気持ちが強くなってくる感じ」
 
お客さまの鑑定に関する理解力も
洞察力も上がって、あたいに対する
変な?!緊張感もなくなり、
もっともっと「深い部分」
「根本的な事」の鑑定を望む方も。
 
そんな時に「どーしても置かれている
現実を掘り下げていかなきゃいけない時」
もあります。
 
喜怒哀楽のプラスの部分ではなく、
マイナスの部分を掘り下げていく
作業(鑑定)も必要に。
 
ご本人にしたら当時からの、
昔からの「過去」の部分も
思い出しながらの鑑定。
同じく感情も一緒に「当時」
の感情を思い出してしまう。
 
そこまで鑑定を
掘り下げていく事で、
「現実を直視する」事で、
今後の打開策がだんだんと
「クローズアップ」されていく。
 
もう出口は「そこ」である。
次は「再スタート」の鑑定に取り掛かる。
再度、時期を・日付をきっての鑑定。
再度、方向性、考え、思考の確認。
 
意外と「スパルタ的」な鑑定(作業)
に思うかもしれないが、ずっと
「長い時間抱えてきた問題事」などは
ご自身で「現実を直視・受け入れる」
ことを「入り口」に置いて
鑑定を始めると・始めた方が
かえって「突破口」になって
スイスイ人生を上手に
泳いでいけている感じがします。
 
問題解決の「カギ」は
「現実を受け入れる」にあるのかも
しれないと日々、鑑定をしながら
思います。
 
案外近くに答えはあるのかも?!
アナタの中に眠っているのかも
しれませんね

悠岑への問い合わせは
こちらからどうぞ↓
お問い合わせ