みちのく占いかわらばん

四柱推命鑑定士 悠岑(ゆうしん)

占いホヘト

開き直りの方法

 

2018.6.06更新
案外、よく使う言葉だけれど、
「開き直る」事を実行するのも、
気力・体力がいりますよね。
何か良い方法は?と思いながら、
「開き直り」只今、
実践中の悠岑です。
 

 
この「開き直り」という言葉も、

あたいの鑑定にて、よく出てくる。
悩み事を解決する過程で、
時にはこの「開き直り」も大切かと。
 
なぜなら・・・・
悩み過ぎると人間ってどこか?
縮こまってしまう時、ありませんか?
(あたいはしょっちゅうだが)
 
そうすると、
「心も思考も行動も、
固まってしまう」
そうすると、
「自分のベストな
タイミングを、逃しやすい」
そうすると、
「無駄な・必要のないストレスまで、
抱え込んでしまう」
プラスに働かない時があります。
 
そんな時は・・・・
まず、
「自分を肯定する」
 
まず、
「自分で自分を認めてあげる」
 
そして、
「思いっきり開き直ってみる」
そうする事で案外、
物事が進む時があります。
 


 
「開き直り」が必要なシーン
例えば、
 
仕事で大きな失敗。
 
恋人と別れた。
 
離婚。
 
病気。
 
リストラ。
 
周りからの誹謗、中傷。
 
好きな人にフラれた。
 
大切なモノを落とした。
 
 受験に失敗した。
 
嫁姑問題。
 
家族間のケンカ。
 
車で事故を起こした。
 
職場内で嫌がらせ。
 
友達とのケンカなど。
 
自分が「望ままない状況」
に陥る事で、人の感情も、
大きく揺れ動きます。
「そのまま無視できる事」
が出来れば良いのですが、
それが出来ないから
「悩んだり、憎んだり、
苦しんだり、悲しんだり、
必要以上に緊張、泣く、
感情的に怒ってしまったりと、
心が「シグナル」を出すのじゃ
ないでしょうか?
 
本来、人間が持っている、
「危機管理、防衛」と、
一緒に出てくる
メンタルの部分。
 
「ずっとそのままの状況」
というのはありえませんから、
どこかの地点で「自分で動く、
周りから動かされる」など、
状況は必ず変わります。
 
その過程の中で、
「開き直り」というのが、
自分を助けてくれる、「キーワード」
になるのかもしれません。
 
あえてその「キーワード」を、
進んで使い、実行する事で、
「次に進む、スイッチの切り替え」
ができる事もあります。
 
自分の為に、自分だけが
出来る、1つの「処方箋」のような
感じですかね。
 
「開き直りの方法」も、
人それぞれ「バリェーション」があり、
「順番」「かける時間」
違うと思います。
どこかの「レクチャー本」や、
「マニュアル本」もございません。
 
もしあるとすれば・・・
それは「ご自分の心の中」
にあるのではないでしょうか?
 
必要になった時に、
いつでも引っぱり出せる、
「本棚」に入っている感覚
今一度、アナタの心の中の、
「本棚」探してみてください。
 


 
「開き直りの方法」
簡単に口にする言葉ですが、
実行するにはちょっとした
「タイミング」や、ちょっとした
「切り替え」が必要と、
難しく考えちゃいますよね。
 
「開き直り」をする事で、
自分の凝り固まった、
「考えや思考」に、ちょっとした
ヒントが、見えてくるかもしれません。
 
「開き直り」をする事で、
「自分が自分を取り戻し、
ごはんが美味しく食べられる=元気」が、
出てくるかもしれません。
 
「開き直り」をする事で、
今まで見えていなかった、
自分以外、世の中、周りの、
「景色がハッキリ」見えて
くるかもしれません。
 
どんな順番でも、
どんな形でも、
 
とりあえず・・・
「自分を自分が認めて」あげて
ください。
 
アナタの最大の理解者は、
「アナタ」です。
 
とりあえず・・・
「自分が頑張ったこと」を大いに
「褒めて」ください。
 
とりあえず・・・
「疲れた頭、体」ゆっくり、
休めてください。
 
そして最大に・・・
そして堂々と・・・
納得いくまで・・・
「開き直ってみてください」
 
どうでしょうか?
緊張感、怒り、悲しみ、落ち込み、
苦しみの感情、変わってきませんか?
沸騰したやかんの温度が、
下がるみたいに、アナタの「負の感情」
の温度、下がってきませんか?
 
また感情が「沸騰」してきたら、
再度、「開き直り」をご自分の中で、
繰り返してみてください。
一回目より二回目の方が、
上手に「開き直れて」くるハズ。
 
そうそう、
「そんな感覚、感じで大丈夫」
 
答えは「自分の中」
にあったりして。
答えは「自分の近く」
にあったりして。
 
れを知るには、
「自分の全てを受け入れる作業」から。
それを知るには、
「多少の開き直りがポイントでも。
 
開き直り
マイナスな意味ではない。
開き直り
これから自分の人生を
切り開く為の1つの方法
 
どんな時も「固まってしまう」のは、
生き心地がよくない。
「柔軟になる」為の、切り替えの、
スイッチみたいなモノでしょうか?
 
たった一度の人生・・・
そろそろ動き出しても
いいのかも?

悠岑へのご予約・問い合わせは
こちらからどうぞ↓
お問い合わせ