みちのく占いかわらばん

四柱推命鑑定士 悠岑(ゆうしん)

占いホヘト

恋愛運を生かす方法

 

2018.4.13
「恋愛運」についても他のページで
掘り下げてもっと書いていきたいと
思います。
ここのページは「生かす方法パート1」
ですかね? 
人を愛することはステキだと思う

人生において何才になっても
 
恋せよ乙女!じゃないけれど
何気ない日常のスパイスにもなるハズ
 
鑑定においても「自分の恋愛運は?いつある?」
「今年の恋愛運は?」なんてドキドキしながら
聞いてくださるお客様も多い
 
恋愛運について思う事は
「恋愛運」がある年運は
「生かしてナンボだ」
 
恋愛運のある年に
家と仕事の往復だけの生活を
送っているとしよう
確かに「そこの中だけ」で
「そこの環境の中だけ」での
恋愛運を生かす事になるがはたして?
 
 確率的にどうだろうか?
恋愛対象のお方はいるだろうか?
タイプのお人はいるだろうか?
妥協できないお方は
どうしたらよいだろうか?
やはり「恋愛の範囲」が
狭すぎやしないか?? 
 
都会のど真ん中であれば
地下鉄や電車通勤
会社終わりのお店等々
田舎に比べ多少有利な気がするが
 
まさか?「恋愛運がせっかくある時期に」
仕事ばかり頑張っていないだろうか?
家の中でまったり引きこもり
していないだろうか?
 
「恋愛運も素通り状態」ではもったいない!!
 
けっして「運命の人が急に自分の所にやってくるワケはない」
 
「寝てる部屋の天井から落っこちてくるハズもござりません」
 
いつもいつも風のようにやって来て
風のように去っていくような感じ
 
じゃ~自分はしょうがないじゃん!なんて
ページを閉じるのはまだ早い!!
 

 
区切り線

 
◆恋愛運のある年は
自ら動かないと始まらないのだ
(まずは外出するなど)
 
◆恋愛運のある年は「相手がいなければ」
減点法より加点法で
相手を探してもいいんじゃないの?
という角度からの恋愛
 
・減点法では初めは
「相手がすっごく良く見えて時間の経過
と共に相手の悪い箇所ばかり目立ってしまい
恋愛のテンションも下がってしまう
 
・加点法では「相手に初めは魅力を感じないが嫌でもなく・
でも時間の経過と共に良い箇所や
自分の想像を超えてナイスな所が目立ち
どんどん恋愛モードに拍車がかかる
 
意外と加点法の方が上手くいく人も多くいるかと
 
恋愛という感情は「平常心」では生まれない
「異常ではないが恋愛の熱が上がるので平常心ではない」
冷静では中々「恋愛モード」にはならないだろう
 
具体的に「恋愛運がある年」
自分で感じる感覚は 
◆今まですれ違う異性の顔を見なかった
(通勤や日頃の行動範囲内で)

すれ違う異性の姿
顔や態度を必ずチェックしてしまう
 
◆例えばコンビニやお店で
 買いものや食事をしていた時
単純に金銭のやり取り
運ばれてきたモノの受け渡しのみだけにとどまらず

相手が異性の場合
何気に必ずチェックしてしまう
 
◆そんでもって自分の身なりやスタイルなど
気にしてイメージチェンジなんかしたくなる
そして自分もそろそろ
「恋人が欲しいかしら?」と
なってしまえば「ラッキーだ!アナタの準備が整ったハズ!」
堂々と「恋愛の場へGO!」
 
人により性格が違うように
どんな出会い方が自分に合っているか?
大勢の中で見つける?
一対一での出会いが良い?
その場合は友達からの紹介?
自力で出会いの場を探すか?
等々鑑定においてはっきりお伝えできる事でも
 
実際、鑑定でもお話しさせてもらっている事だが
恋愛運も「生かす」のが大事なので
数多くの人と知り合い
多くの人と比べる事!
 
なぜなら?初めからスムーズにこの人!
全てが好き!なんてまず無理なワケでして
より多くの人と比べる事により
「自分はどんな人が一緒にいて楽しいのかしら?」
なんて所からわかり始めるんじゃないかな?とも思う
 
また「結婚」したら「取り替えをするのは難しい」
独身だからこそ「取り替える事が出来る」
取り替える=付き合ったり、別れたり
そんな風に回数を重ねることも「恋愛」
 
ぜひアナタが思う「理想の相手」の
「バリエーション」を増やしてほしい
 
アナタが鑑定してもらった時は
時期をしっかり聞いて
しっかり恋愛運を「生かしきって」
さらにさらに「生かしきる」が大切よね

悠岑への問い合わせは
こちらからどうぞ↓
お問い合わせ