みちのく占いかわらばん

四柱推命鑑定士 悠岑(ゆうしん)

占いホヘト

適職・転職について

 

2018.3.26
「適職・転職」という言葉に
スポットを当てて書きました。
 
 
これまでは、
時期や方向性・適正など
あまり気にせず働いてきたお方。
 
ゆっくり考える暇なんてなかったお方。
 
就活をしても自分に合う仕事や業種が
わからないと考える学生の方も
多いんじゃないでしょうか?
 
あたい悠岑も占い師にならなかったら
そうかもしれないですね。
 
適職・転職と一緒に知る事が
大切なことは「大運においての仕事運
=金運」な訳です。
ここのベースがしっかりしていないと
中々しんどいのも現実。
 

適職とは自分の性格=個性=資質・適正
を存分に生かせる仕事、業種。
 
生きていく上で
「適職」を知っておくと
つまづいた時、
人生落ち込んだ時、
必ずアナタの武器になります。
 
知らないと知っているでは
大きな差がございます。
なぜか?
それは今後を考えた時に、将来の為に、
人生で自分をもう一度再起させる時など
必ずアナタの武器=自信につながるから。

転職とは今の仕事を辞めて
再度新しい会社や職場、職業に
転身をすること。
 
「転職」の時期や
アナタに合う転職の
業種を知っておくと
次の準備を淡々とできます。
 
転職に対する不安が軽減します。
 
そして「辞める会社」にすがすがしい
気持ちで「有難うございました」と
あいさつし、思いっきりダッシュできるハズ!

日頃の鑑定にてよく質問される内容

 
転職をしたいけれど
自分にはどの業種が合っているか?
 
○○○の業種に就いているが
自分に合っているか?
 
そろそろ卒業&就活するが
どの分野に進めばよいか?
 
人の数だけ自分に合う職業・
業種というものがあります。
 
世の中1000以上の職業の
種類があるので
「これしか向かない」というより
「こういった理由から○○や○○の
分野が向いている」
「○○の分野では
こういった働き方がよい」
 
「○○や○○の業種は○○という
理由から合わないのでやめた方が良い」など
 
割とハッキリお伝えしております。
 
なぜに?ハッキリか?と申しますと
せっかく仕事運が良い年や
新しい業種の転職に就くのが向いている年に、
ご自身に合わない仕事や業種に就きますと、
続かないし。無理が利かない。
頑張りが認められない。頑張ろうと前向きな
気持ちになれない。
また、せっかくの仕事運=金運も
しっかり十二分に生かせないのです。
 
以上の理由からあたい悠岑の
四柱推命鑑定にて「適職」を聞かれた場合や、
現在就いている業種が合っているか?
合っていないか?聞かれた場合、
お客さまの為に、ハッキリお伝えします。
 
◆例えば、仮に「現在就いている業種が
合わない場合」は、今後「適職に動ける
時期や適職にスキルを身に付ける為の、
準備期間など具体的な時期をお伝えいたします。
 
◆例えば、仮に「現在就いている業種が
合っている場合」その業種に就いた時期
を鑑定し、そのまま居た方がベストなのか?
そこに居続けるメリット、理由をお伝えいたします。
 
そして、その業種に就いた時期が
上手くない時は、転職に最適な時期を日付をきって
お伝えいたします。
 
◆例えば仮にご自身の今就いている
業種が合っていて、就いた時期も
合っているが、「会社側、経営者」の金運で
会社が傾いた、倒産した際、
アナタが具体的に「転職」に動く時期を
日付をきってお伝えいたします。
 
具体的には
「○○の業種は合っているが
その転職は○○年の○○月の○○日~
○○月の○○月の○○日までに○○と○○」
という形で具体的に鑑定しています
 

区切り線

自分に合う職業といっても
楽な職業などは「ない」
どんな職業でも大変な時は「大変」
辞めたい時は「辞めたい」と思う
 
しかし自分に合った業種・
職業に就いていると
しんどくても「頑張りがきく」
「踏ん張りがきく」
 
例え「そこの場所を辞めた」としても
時期さえ間違わなければ
「違う場所で同じ業種・職業」
に就くことが可能
 
仕事で悩む時って自分を
「過小評価」している人も多い
「自分なんか何もできない」
「辞める時○○○なんて言われたから」
「どうせ転職しても失敗するし」など
 
よくよく考えてほしい
初めから自分に合う職業なんて
わからないまま「いいかも?」・
「合うかも?」
はたまた・・・・親や学校の先生の勧めで
就職したお方もいらっしゃる訳で
 
「必ず」続けていける保証はないし
先に雇用先の方が倒産する場合だってある
働き始めた・就職を決めた時期が
自分にとって最適か?
もわからず行動してて当たり前でして
 
昔と違い
「一度就職したら勤め続けるモノ」
なんて思考の時代ではなくなった
 
あたいの鑑定では
「今までしていた○○も合うけど
○○や○○○も適職のうちの1つに入るっ!
時期は○○の○○からねっ!」と
はっきりお伝えできる
 
どうしてこの業種・職業が合うのか?
根本的に説明させてもらっている
せっかくの時間とお金をかけて来たのに
そこの部分納得&理解しなければ
「勿体ない」でしょう?
 
さてっ!次はアナタの順番でしょうか?

悠岑への問い合わせは
こちらからどうぞ↓
お問い合わせ