みちのく占いかわらばん

四柱推命鑑定士 悠岑(ゆうしん)

占いホヘト

性格について

 

2018.3.16
 
ほとんどの人間は 
自分の「性格」なんて
考える暇もなく
忙しく生活しているんじゃ
ないでしょうか?
あたい悠岑も
四柱推命占い師の
鑑定を生業としている 身のクセに
ほとんど、時によって全く考えず
生活している事が
多いのも事実でございます。
 
しかし悩みが出てきた時
アナタの「性格」が解決してくれる事、
悩みが出てきた時
案外、生かせる部分でもあるんです。

四柱推命鑑定で
あたいの鑑定を
初めて受けてくださる

お客様に必ずお話しする言葉
「性格」=「個性」ですよ!と
あたいの鑑定では
性格と個性を
「イコール」で示しています
 
生まれてから嫌でも
自分自身とは付き合って
いかなきゃいけないモノ
良い部分と言われる「長所」
悪い部分と言われる「短所」
両方とも「自分自身」なのだ
 と力説しています。


同時にこの部分も
毎回しつこいくらい、
力説してる部分。
 
四柱推命の鑑定にて
性別・生年月日時を元に
命式を書くとご依頼者さまの
「性格」というものが
「パッと」とわかります。
 
そして必ずお伝えする事は、
自分の持って生まれた
「特徴」「性質」を
自分の人生を生きていく中で
どれくらい生かせるか?でも
運気は変わる。
もちろん良い方向に。
 
自分自身の「性格=個性」を
しっかり理解し、
生かせるであろう方向性=
仕事や得意分野に
発揮する事が大切です。
 
自分自身という人間が「どういう環境で
力を発揮できるのか?」
 自分自身という人間は「どういう環境が
合わないのか?」
単にその部分を知るだけでも
一生に一度きりの自分の人生を
自信を持って思いっきり楽しんで
進んでいける。
 
ポイントは自分の
「好む環境・生かせる環境に身を置く」
ポイントは自分の
「好まない環境や苦手な環境には近づかない」
「好き」と「嫌い」の感情にも
似ているのかもしれないし、
率直に「好む・好まない」と
感じることができるのかも
しれないですね。
(感じ方も人それぞれ)
 
また、一時の時間が(時期が)
そう自分を思わせているのかも
しれないです。
※例えば、「現在置かれている環境が
本来の自分自身に合っている・好む環境」
なのに「合わないかも」と考えてみたり、
「本来の自分の好む環境じゃない!」と
思ってしまう時。
それは「年の運気・月の運気」などが
影響して「本来の自分らしさが出ない
時期」なのかもしれません。
そんな時は、四柱推命での鑑定で
しっかりご説明&対応できる事なので、
ご心配は一切ございません。
 
性格は個々の生まれた性別・生年月日時・
生まれ育った家庭環境などによって
形成されていく。
 
生まれ育った環境は
自分の意志とか努力とか頑張りで
「変える事はできない」ので、
「生まれた環境が悪かった」とか
「もう少し整った環境、
恵まれた環境に生まれたら」とか
「この両親の元に生まれてさえなかったら」
と後悔や悔やむ必要は一切ありません。
 
「今までの生まれ育った環境が
悪い」と理解できた時点で「合格!」
 
理解したら後は「これからの
自分自身の環境を、自分に合う環境に、
自分を生かせる環境に変えていけば
良い」という事になる。
 
「変えていく時期」も四柱推命の鑑定
では日付をきってお伝えします。


自分の長所と呼ばれる所は
案外伸ばしやすい
自分の短所と呼ばれる所は
絶対直せない
直す必要もないと考えるあたい
 
なぜ?なら
「短所」という部分を
違う角度から眺めてみると
意外とその部分が自分の人生の
「武器」だったりする
例えば「短所」の○○○があるから
仕事で人間関係で頑張って来れた等々
 
「短所」を必死で直そうとすると
自分自身の一部分を
変えようとする事になる
かなりのストレスだ
直す必要より「生かす」努力が大切
「短所」=「人生に生かす自分自身の武器」
自分を変える=
ストレス=いつまでも続かない
 
人間、完全な善人などはいないし
完全な悪人もいない
その「バランス」によって
善人にも悪人にもなれる
 
「短所」=
「ちょっとの味のアクセント」
みたいな?
そんな部分があるから
魅力的に見えたりもするんじゃ
ないでしょうか??


個人の「性格」に良い・悪いなど
両極端にはっきり区別できるもの
ではないと思う。
 
自分の「性格」=「個性」の
良い部分を生活の中で生かして
「増やして」いけば良いと思う。
そして「性格の短所」「悪い」
と言われる部分を生活の中で
「出さないんじゃなく、武器として発揮する、
できる方向に出していけば」良いんじゃないのか?
 
「武器」とは人生、生きていく中で時には
「自分を守ったり」「社会や仕事で使ったり」
という自分だけが持っている、自分だけの
「武器」=「強み」
 
それだけ自分自身の「性格」を
「知る」って「得れる」
メリットは大きいし、多いです。
 

区切り線

 
アナタなりのアナタ色の
生かし方や方法は必ずあります
他の人をマネしなくても
他の人と比べなくても良いと思う
 
鑑定ではその
「性格=個性=プラス・マイナスな部分」
も含め「実生活に生かせる、生かす」
考え・方向・方法
それに合わせ時期を
お伝えしています
「直すじゃなく生かす」が大切

悠岑への問い合わせは
こちらからどうぞ↓
お問い合わせ