みちのく占いかわらばん

四柱推命鑑定士 悠岑(ゆうしん)

占いホヘト

世間体を気にしない

 

2018.2.10
 
「世間体を気にしない」=悠岑自身
という感覚も昔からあります。
しかし今では慣れの方が大きいような

題名からしてあたい悠岑の
ひねくれ度全開なのはわかるが
あえてしつこいくらいに
書いておこうと思った項目の1つ

日頃の「四柱推命」鑑定でもそうなのだが
あたいの鑑定では「世間体」
という言葉を発することは少ない
「世間体」を気にしながらの
鑑定もしていない
まず「自分」というのが先にきて
聞かれれば「世間体・世間的に」の
お話をさせて頂く
 
「世間体」を先に気にして・・・・
というのであれば
「鑑定」=「占い」=「鑑定士悠岑」
は必要じゃないのかもしれない
 

区切り線

 
なるべく無難に周りとの
足並みを揃えて
と言う意味はしっかり
理解しているつもりだが
 
「そんな方向性や行動でダメだった・
上手くいかない」から
「鑑定」=「占い」に
来るのではないか?と思う
 
世に言う「他人・世間様」を
観察して考える・感じることは
 
皮肉なモノで
「自分がこんなに思っているんだから
相手もわかってくれてもいいんじゃない?」
 
・・・・は間違いで
「自分自身も思うようにならない事が
多々ある人生
赤の他人にそこまで通じるだろうか?」
世間様なんてそんなもんだろう
という持論に至ってしまっている
 
「世間体」を気にしながら
「鑑定=占い」をしても
単純な一般論しか浮かばない
 かといって・・・・
「神頼み」「モノを買う」のとは全く違う
 
「アナタの運気、
個性=性格=気質、
アナタの置かれている環境」
をしっかり四柱推命ではじき出し
「しっかりした技術・考察力・斬新さ」と
「しっかりした時期=
大運=年運=月運=日運=時運」を
織り交ぜながらアナタだけの鑑定=
占い結果の出来上がり
 
それは「アナタの生年月日時・性別・環境」
によるものだから
他の人と「生年月日時・性別」が同じでも
悩む事柄が同じでも
「置かれている環境」が違う=
「周りの人間関係」も違う=
「どこに住んでいるのか?」も違う=
「生んだ親が違う」となれば
全く違う鑑定内容=
占い結果になるハズ
 
「世間的に」
マイナスなイメージな問題でも
例えば・・・・
「不倫・離婚・病気・失業・
刑事的な事件などなど」
あたいからみれば全く何とも思わない
「普通の鑑定=占い」なのだ
 
あたい悠岑が
「人生こうでなければいけない」
「そうするのが一般的・普通」
などといった考えがない
 
自分自体、このような世の中に
「振り回されたくない」のかもしれない
 
世間体を考えて・・・・
一般論として・・・・
周りに合わせて・・・・
道徳的に・・・・
 
そんなお客様にはあたい悠岑の
鑑定=占い」は
必要ないんじゃないか?
伝わらないんじゃないか?
納得しないよね?思う自分なのです

悠岑への問い合わせは
こちらからどうぞ↓
お問い合わせ