ゆうしん占い.comタイトルロゴ

運命鑑定士 悠岑

2018.2.10

占い好きの方や、実際に四柱推命で鑑定してもらった事がある方なら
ご存知と思いますが

四柱推命にて鑑定をする際
お客様から生年月日時をお聞きして
命式」というモノを必ず書きます(泰山流にて)
(パソコン入力で勝手に印刷してくれるソフトとは違います)

命式を書く際はその他に「大きな人生の流れ」大運も重要

命式の中には俗に言う「通変星」や「吉神・悪星」や「空亡」等々
色々書き込んでいきます
(書かれている言葉は理解しなくて大丈夫)

そこからいつも鑑定スタート
種類といったら
そりゃ~もう~気が遠くなるくらい○○万通り以上!

命式にて理解できる事は
基本的データや本人の現在置かれている状況
おおまかに言うと
性格=個性やどんな大運、年運、月運で
主に今どんな現象で悩んでいるのか?等々



四柱推命鑑定士の数くらい「解釈の数」の違いがあるのも事実

残念な占い師のお方に診てもらって
残念な鑑定内容を言われた人も多いかと

それだけ四柱推命は「簡単に思えて難しい」

それだけ四柱推命は「難しく思えて簡単」
※どちらにも感じるのがあたいの感想



簡単な例え話で
「料理をする感覚と似ている」のかなぁ~と

木・・・・火を燃やすための木・木べらだったり
火・・・・「ガスの火種」・天日干しに必要な「太陽」
土・・・・材料を入れる「土鍋」・素材作りに必要な「畑」だったり
金・・・・材料を焼く「鉄板・フライパン」だったり
水・・・・材料を煮る「水分・水」だったり

そこに各自のスパイス・調理料なる「吉・凶星」があったり

そこに出来上がるまで待つ「時間」や

他の素材を入れる「人」や

「空亡」があったり


そこに「材料」である「鑑定依頼のお客様」が来て・・・・



そこで確認する事は
今の時期は「春夏秋冬」いつの季節かしら?

そこで確認する事は
「今の季節(大運・年運・月運・)
この材料・素材=鑑定依頼者を
どう調理したら?
(どうように鑑定してどのように結果をお伝えしたら)
美味しく出来上がるかしら?
(良い方向に納得した人生選択できるかしら?」

そこには料理人「占い師」の元々持っている技量もあるし
創意工夫・料理をした回数「鑑定した人数」
作った料理を食べた「経験、体験」も含まれて
さらには鑑定士の「塩梅」も加味される。

あとは料理人「占い師」の情熱かしら?

ざぁ~~っとこんな感覚でいつも考えてしまうのだ



命式だけを診て
「鑑定依頼者である材料・素材」を上手に調理
「その方の持っている個性や方向性、運気を生かす鑑定」
できない料理人「占い師」のなんと多い事か

命式の中のちょっと辛いスパイスも「凶星」
命式の中の甘い砂糖やはちみつも「吉星」
生かすメニューを教えてほしい=生かす生き方、方法を教えてほしい
ハズに鑑定依頼したのではないのでしょうか?

今の季節は(大運、年運)
自分という「材料・素材」はどんな調理法が美味しいのか?

調理時間はどの位掛かるのか?(具体的な日付など)
ガスを強火にする時期は?水を入れる順番は?
どの素材「相手」と一緒が美味しくなる?



ふと・・・・
鑑定で考えているあたいの「頭の中身」
ちょっとだけ書かせてもらいました


毎日こんな感じで「ワクワク」「ドキドキ」感と
時に熱く、クールに鑑定しております